病気に負けない身体づくり

 今、病気の治療は病院や一般鍼灸、漢方薬までもが症状を目標に治療する、対症療法が中心となっています。治療を受ける人も病院にいく人は、薬で病気は治るとほとんどの方が思っておられるようです。

 一般鍼灸、特に保険取り扱いを行っている所では、症状に合わせ医療器具の治療マニュアルにそった通電治療が行われています。これらの治療は、症状だけを診て、病んでいる身体、病体、体質は診ていません。

 打撲や捻挫など、症状と病気が同じ所にある外傷性の病などには、症状を目標にする治療も有効ですが、そのほかの病気は、症状と病気のある所はちがっています。症状を目標にする治療に効果はありません。症状を目標にする治療を続ける事によって、新たな病気を引き起こす事になります。

 病気になるのは、「病気の力に負ける身体」、「病気を引き込んでしまう体質」になっているためです。この病気に負けてしまう体質を、病気に打ち勝つ体質にしなければ、病気は改善しないのです。

 すべての病気は、自然治癒力によって治っています。自然治癒力がなければ、病気を治すことはできません。

 自然治癒力を高めるには、病気を引き込んでしまう「病体」から、病気を跳ね除ける「健康体」になるよう、体質改善することが必要です。そのためには、身体全体の働きが充分に機能するように整えなければなりません。

 経絡治療は、全身を支配する五臓六腑の働きを整え、身体全体の器官が正常に機能する身体に体質を改善します。これで自然治癒力が高まり、病気を治すことができます。

 しかし経絡治療で全身機能を整え、気血のめぐりを良くしても、体質に合わない食べ物を摂っていれば、体質の改善はまだ半分しかできていないと私は考えます。

 食べ物が体質に合わないものを摂っているのは、ガソリン車に軽油を入れているようなもので、これを体質にあった食べ物に改めて、初めて本物の健康な身体に体質が改善できるのだと思います。

 体質の改善をはかるということは、医祖ヒポクラテスが唱えるように「自然治癒力を高めることこそ最高の医療である」という、医療の基本大原則であると思います。

初めての方へ